2007年04月28日

東京散策 第28回

第28回 中野・新井薬師を訪ねて<後編>
〜目の仏様と親しまれている町の寺院〜

新井薬師写真3

新井薬師写真4

新井山梅照院薬師寺
(あらいやまばいしょういんやくしじ)

宗派:真言宗豊山派
本尊:薬師如来と如意輪観音表裏二佛一体
交通:西武新宿線 新井薬師前駅下車 徒歩5分

梅照院は通称「新井薬師」と呼ばれ、目の薬師として親しまれている寺院。梅照院の本尊は、鎌倉時代の代表的な武将、新田家代々の守護仏だったが、南北朝の戦乱の中、消失。その後、相模国から行春という僧が新井の地に草庵を結んだ。すると不思議なことに、草庵の庭の梅の古木から光が出るという現象が夜毎に起こり、天正14年(1586年)その木の穴から尊像が発見され、その尊像を安置するためにお堂を建立したのが梅照院の始まりとされている。この本尊は、薬師如来と如意輪観音の二仏一体の黄金仏で、高さ一寸八分(約5.5cm)で弘法大師の作と伝えられている。

posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。