2007年05月05日

東京散策 第35回

第35回 品川・海雲寺を訪ねて<前編>
〜火伏せの荒神様が祀られているお寺〜

海雲寺写真1

海雲寺写真2


龍吟山海雲寺
(りゅうぎんざん かいうんじ)

宗派:曹洞宗
本尊:十一面観音像
交通:京浜急行・青物横丁駅 徒歩5分

龍吟山海雲寺は建長3年(1251年)僧不山によって開基。はじめは庵瑞林(あんずいりん)といい、海晏寺境内にあって臨済宗であった。慶長元年(1596年)、海晏寺五世分外祖耕(ぶんがいそこう)大和尚を開山とし、曹洞宗に改められ、寛文元年(1661年)に海雲寺になった。本尊に十一面観音菩薩と、火と水の神である千躰荒神を祀る。3月と11月の27日、28日には、千躰荒神祭の参詣者で賑わう。

ラベル:お寺 散策 東京 散歩
posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。