2007年07月19日

東京散策 第51回

第51回 目黒・瀧泉寺を訪ねて《前編》
〜目黒不動の名で親しまれる、日本三大不動の名刹〜

瀧泉寺写真1

瀧泉寺写真2


泰叡山瀧泉寺
(たいえいざん りゅうせんじ)

宗派:天台宗
本尊:不動明王像
交通:JR山手線・目黒駅より徒歩20分
   東急目黒線・不動前駅より徒歩15分

瀧泉寺は、平安時代(808年)に慈覚大師円仁が下野国から比叡山の最澄のもとへ向かう途中に、この地に立ち寄り不動明王像を彫刻し安置したのに創まる。関東最古の不動霊場であり日本三大不動の一つ。江戸時代には徳川三代将軍家光が尊信し、五十三棟に及ぶ大伽藍の復興を成し遂げ、五色不動(目黒・目白・目赤・目黄・目青)の一つとして江戸城
守護、江戸城五方の方難除け、江戸より発する五街道の守護に当てられ、江戸随一の名所となった。明治時代には西郷隆盛や東郷元帥等が信仰を寄せた。また、さつまいもの栽培を広めた青木昆陽の墓があり国の史跡となっている。


posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。