2007年04月19日

東京散策 第19回

第19回 日野・金剛寺を訪ねて<前編>
〜高幡不動として親しまれる、土方歳三の菩提寺〜

高幡不動写真1

高幡不動写真2

高幡山明王院金剛寺
(たかはたさんみょうおういんこんごうじ)

宗派:真言宗智山派(別格本山)
本尊:不動明王
交通:京王線高幡不動駅南口下車 徒歩5分
   多摩モノレール高幡不動駅下車 徒歩5分

古来関東三不動の一つに挙げられ、高幡不動尊として親しまれている。1100年前、平安時代初期に慈覚大師円仁が山中に不動堂を建立し、不動明王を安置したのに始まる。足利時代の高幡不動尊は「汗かき不動」と呼ばれ、鎌倉公方をはじめとする戦国武将の尊祟をあつめた。江戸時代には関東十一檀林に数えられ、火防の不動尊として広く庶民の信仰をあつめる。総重量1100キロを超える巨像で、古来日本一と伝えられた重文丈六不動三尊は、此の度千年ぶりの修復作業が完了し、現在奥殿に安置されている。

posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。