2007年05月04日

東京散策 第34回

第34回 築地・本願寺を訪ねて<後編>
〜海の上に造られた、関東最大の念仏道場〜

築地本願寺写真3

築地本願寺写真4

本願寺築地別院
(ほんがんじ つきじべついん)

宗派:浄土真宗本願寺派
本尊:阿弥陀如来
交通:地下鉄日比谷線・築地駅下車 徒歩1分
   地下鉄有楽町線・新富町駅下車 徒歩5分

元和3(1617)年、京都西本願寺の別院として、第12代宗主准如上人に
よって建立。浅草近くの横山町にあったことから「江戸浅草御坊」と呼ばれていたが、明暦3(1657)年、有名な振袖火事で焼失。幕府の区画整理のため旧地への再建が許されず、その替え地として下付されたのが現在の場所。しかし当時は八丁堀の海の上だったので、佃島の門徒が中心になり海を埋め立てて土地を築き、延宝7(1679)年に再建。しかし、関東大震災で本堂が崩壊し。昭和9(1934)年に現在の本堂が完成した。

posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40396056

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。