2007年05月08日

東京散策 第38回

第38回 新宿・太宗寺を訪ねて<後編>
〜内藤新宿の信仰文化が生んだ都会の異空間〜

太宗寺写真3

太宗寺写真4


霞関山本覚院太宗寺
(かがんざん ほんがくいん たいそうじ)

宗派:浄土宗
本尊:阿弥陀仏
交通:地下鉄丸の内線・新宿御苑前駅 徒歩3分

太宗寺は、慶長年間(1596年〜1615年)に太宗という僧侶が建てた「太宗庵」が前身。太宗は、現在の新宿御苑一帯を下屋敷としていた内藤家の信望を得て、寛永6年(1629年)内藤家第5代正勝逝去の際には葬儀を一切とりしきり、墓所もこの地に置くことになった。これが縁で、寛文8年(1668年)6代重頼から寺領7396坪の寄進をうけ起立したのが、現在の太宗寺である。内藤家は7代清枚以後は歴代当主や一族が太宗寺に葬られるようになり、現在も墓所が営まれている。

posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40682312

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。