2007年09月29日

東京散策 第55回

第55回 あきる野・大悲願寺を訪ねて《前編》
〜伊達政宗の心をとらえた白萩のある名刹〜

大悲願寺写真1

大悲願寺写真2

大悲願寺
(だいひがんじ)

宗派:真言宗豊山派
本尊:伝阿弥陀如来三尊像
交通:JR五日市線、武蔵五日市駅より徒歩20分

大悲願寺は、1191(建久2)年に源頼朝が壇越となり、澄秀を開山として平山季重が創建したと伝えられる。開山の澄秀が醍醐の三宝院と関係があったことから、長く同院の末であったが、1896(明治29)年に大和の長谷寺の末となった。9月中旬〜下旬に花をつける白萩の寺としても有名であり、13世海譽の元で弟子をしていた弟・秀雄のもとを伊達政
宗が訪れたときに、庭にあった白萩を気に入り、所望するため送ったという白萩所望の文書も残る。また、多摩新四国八十八ヶ所第59番札所にもなっている。

posted by mike at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。