2007年08月22日

東京散策 アンコール企画

第4回 柴又・題経寺を訪ねて<後編>

題経寺写真3

題経寺写真4

題経寺
(通称:柴又帝釈天)

宗派:日蓮宗
本尊:帝釈天
交通:京成金町線「柴又駅」より徒歩5分

300年ほど前に開かれ、日蓮聖人が刻んだとされる帝釈天の板像を本尊としています。この板本尊は、江戸中期に一旦所在不明となりましたが、1779年(安永八年)の春、本堂改修中に発見され、その日が暦の上の庚申(かのえさる)に当たったので、60日ごとの庚申の日にお参りする習慣が盛んになりました。

posted by mike at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

東京散策 アンコール企画

第3回 柴又・題経寺を訪ねて<前編>

題経寺写真1

題経寺写真2

題経寺
(通称:柴又帝釈天)

宗派:日蓮宗
本尊:帝釈天
交通:京成金町線「柴又駅」より徒歩5分

300年ほど前に開かれ、日蓮聖人が刻んだとされる帝釈天の板像を本尊としています。この板本尊は、江戸中期に一旦所在不明となりましたが、1779年(安永八年)の春、本堂改修中に発見され、その日が暦の上の庚申(かのえさる)に当たったので、60日ごとの庚申の日にお参りする習慣が盛んになりました。



posted by mike at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

東京散策 アンコール企画

第2回 等々力・等々力不動尊を訪ねて<後編>

等々力不動写真3

等々力不動写真4

等々力不動尊
(正式名:瀧轟山満願寺別院)

宗派:真言宗
本尊:大聖不動明王
交通:東急大井町線等々力駅より徒歩7分

900年ほど前、興教大師が役の行者のお告げを夢に見て、
そのお告げに従い、京から不動明王像を背にして運び、
滝の上に奉納したのが始まりと言われています。

posted by mike at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

東京散策 アンコール企画

第1回 等々力・等々力不動尊を訪ねて<前編>

等々力不動写真1

等々力不動写真2

等々力不動尊
(正式名:瀧轟山満願寺別院)

宗派:真言宗
本尊:大聖不動明王
交通:東急大井町線等々力駅より徒歩7分

900年ほど前、興教大師が役の行者のお告げを夢に見て、
そのお告げに従い、京から不動明王像を背にして運び、
滝の上に奉納したのが始まりと言われています。

posted by mike at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

東京散策 第54回

第54回 浅草・本龍院を訪ねて《後編》
〜大根と巾着のお寺で知られる待乳山聖天〜

本龍院写真3

本龍院写真4

待乳山本龍院
(まつちやまほんりゅういん)

宗派:聖観音宗
本尊:大聖歓喜天
交通:東京メトロ銀座線、都営浅草線、東武伊勢崎線の浅草駅下車10分

本龍院のある待乳山(まつちやま)は、推古3年(595年)に一夜にして現れ、その時金龍が舞い降りたとされることから金龍山と号する。その後、推古9年(601年)、大干魃の時に十一面観世音菩薩がこの山に降りたと伝えられている。江戸時代中期には、詩や歌にも詠まれ江戸名所の一つとして知られ、参道には茶屋が軒をならべた。震災戦災に遭った本堂は昭和24年(1949年)再建に着手、36年(1961年)に完成。内部は旧本堂の様式を踏襲している。外陣格天井には墨画の竜などが奉額されている。

posted by mike at 21:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

東京散策 第53回

第53回 浅草・本龍院を訪ねて《前編》
〜大根と巾着のお寺で知られる待乳山聖天〜

本龍院写真1

本龍院写真2

待乳山本龍院
(まつちやまほんりゅういん)

宗派:聖観音宗
本尊:大聖歓喜天
交通:東京メトロ銀座線、都営浅草線、東武伊勢崎線の浅草駅下車10分

本龍院のある待乳山(まつちやま)は、推古3年(595年)に一夜にして現れ、その時金龍が舞い降りたとされることから金龍山と号する。その後、推古9年(601年)、大干魃の時に十一面観世音菩薩がこの山に降りたと伝えられている。江戸時代中期には、詩や歌にも詠まれ江戸名所の一つとして知られ、参道には茶屋が軒をならべた。震災戦災に遭った本堂は昭和24年(1949年)再建に着手、36年(1961年)に完成。内部は旧本堂の様式を踏襲している。外陣格天井には墨画の竜などが奉額されている。

posted by mike at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

東京散策 第52回

第52回 目黒・瀧泉寺を訪ねて《後編》
〜目黒不動の名で親しまれる、日本三大不動の名刹〜

瀧泉寺写真3

瀧泉寺写真4


泰叡山瀧泉寺
(たいえいざん りゅうせんじ)

宗派:天台宗
本尊:不動明王像
交通:JR山手線・目黒駅より徒歩20分
   東急目黒線・不動前駅より徒歩15分

瀧泉寺は、平安時代(808年)に慈覚大師円仁が下野国から比叡山の最澄のもとへ向かう途中に、この地に立ち寄り不動明王像を彫刻し安置したのに創まる。関東最古の不動霊場であり日本三大不動の一つ。江戸時代には徳川三代将軍家光が尊信し、五十三棟に及ぶ大伽藍の復興を成し遂げ、五色不動(目黒・目白・目赤・目黄・目青)の一つとして江戸城
守護、江戸城五方の方難除け、江戸より発する五街道の守護に当てられ、江戸随一の名所となった。明治時代には西郷隆盛や東郷元帥等が信仰を寄せた。また、さつまいもの栽培を広めた青木昆陽の墓があり国の史跡となっている。



posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

東京散策 第51回

第51回 目黒・瀧泉寺を訪ねて《前編》
〜目黒不動の名で親しまれる、日本三大不動の名刹〜

瀧泉寺写真1

瀧泉寺写真2


泰叡山瀧泉寺
(たいえいざん りゅうせんじ)

宗派:天台宗
本尊:不動明王像
交通:JR山手線・目黒駅より徒歩20分
   東急目黒線・不動前駅より徒歩15分

瀧泉寺は、平安時代(808年)に慈覚大師円仁が下野国から比叡山の最澄のもとへ向かう途中に、この地に立ち寄り不動明王像を彫刻し安置したのに創まる。関東最古の不動霊場であり日本三大不動の一つ。江戸時代には徳川三代将軍家光が尊信し、五十三棟に及ぶ大伽藍の復興を成し遂げ、五色不動(目黒・目白・目赤・目黄・目青)の一つとして江戸城
守護、江戸城五方の方難除け、江戸より発する五街道の守護に当てられ、江戸随一の名所となった。明治時代には西郷隆盛や東郷元帥等が信仰を寄せた。また、さつまいもの栽培を広めた青木昆陽の墓があり国の史跡となっている。


posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

東京散策 第50回

第50回 芝公園・増上寺を訪ねて<後編>
〜江戸に響いた、芝の鐘〜

増上寺写真3

増上寺写真4

三縁山広度院 増上寺
(さんえんざんこうどいん ぞうじょうじ)

宗派:浄土宗
本尊:阿弥陀如来・南無阿弥陀仏
交通:都営地下鉄・三田線「御成門」駅、「芝公園」駅から徒歩3分

増上寺は明徳4年(1393年)、酉誉聖聡上人によって、江戸貝塚(現在の千代田区紀尾井町)の地に、浄土宗正統根本念仏道場として創建。文明2年(1470)には勅願所に任ぜられるなど、関東の浄土宗教学の殿堂だった。江戸時代の初め、源誉存応(げんよぞんのう)が徳川家康の帰依を受け、大伽藍が造営された。以後、徳川家の菩提寺として、また関東十八檀林の筆頭として興隆。また、総録所として浄土宗の統制機関ともなった。戦災で、徳川家の霊廟は焼失したが、焼失をのがれた三門(さんもん)・経蔵(きょうぞう)・黒門(くろもん)などを含む境内は、昭和49年(1974年)完成の大本堂とともに、近代的に整備されている。

posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

東京散策 第49回

第49回 芝公園・増上寺を訪ねて<前編>
〜江戸に響いた、芝の鐘〜

増上寺写真1

増上寺写真2

三縁山広度院 増上寺
(さんえんざんこうどいん ぞうじょうじ)

宗派:浄土宗
本尊:阿弥陀如来・南無阿弥陀仏
交通:都営地下鉄・三田線「御成門」駅、「芝公園」駅から徒歩3分

増上寺は明徳4年(1393年)、酉誉聖聡上人によって、江戸貝塚(現在の千代田区紀尾井町)の地に、浄土宗正統根本念仏道場として創建。文明2年(1470)には勅願所に任ぜられるなど、関東の浄土宗教学の殿堂だった。江戸時代の初め、源誉存応(げんよぞんのう)が徳川家康の帰依を受け、大伽藍が造営された。以後、徳川家の菩提寺として、また関東十八檀林の筆頭として興隆。また、総録所として浄土宗の統制機関ともなった。戦災で、徳川家の霊廟は焼失したが、焼失をのがれた三門(さんもん)・経蔵(きょうぞう)・黒門(くろもん)などを含む境内は、昭和49年(1974年)完成の大本堂とともに、近代的に整備されている。

posted by mike at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。